TICAD7マーク

アフリカ開発会議

 
第7回アフリカ開発会議公式プレイベント
ICREP-NTDs国際シンポジウム
日本語
日本語

参加登録
TICAD7マーク
日本語
英語

第7回アフリカ開発会議公式プレイベント
ICREP-NTDs国際シンポジウム

2019.7.30 TUE
日本科学未来館 

本シンポジウムは終了しました。
多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
 

感染症研究に根ざす
日本・アフリカ科学技術
イノベーション協力推進に向けて

 
Promoting Cooperation on Infectious Disease Research between
Africa and Japan for Science, Technology and Innovation (STI)

 

 
開催日時
2019年7月30日(火)10:30~16:00 受付開始10:00

※開催時間は変更になる可能性があります。

 
場所
日本科学未来館 7階 未来館ホール
 
 

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)パートナー事業(外務省)
第7回アフリカ開発会議横浜開催連携事業(横浜市)

本シンポジウムは終了しました。
多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
 

感染症研究に根ざす日本・アフリカ科学技術ノベーション協力推進に向けて
Promoting Cooperation on Infectious Disease Research between Africa and Japan for Science, Technology and Innovation (STI)

開催日時
2019年7月30日(火)10:30~16:00
受付開始10:00
※開催時間は変更になる可能性があります。 
場所
日本科学未来館 7階 未来館ホール
第7回アフリカ開発会議(TICAD7)パートナー事業(外務省)
第7回アフリカ開発会議横浜開催連携事業(横浜市)

 このシンポジウムは、日本医療研究開発機構(AMED)が支援する「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム:ICREP-NTDs」が中心となって企画・開催するもので、TICAD7 公式プレイベントです。
 
 日本では、これまでにアフリカ諸国との緊密な連携を基に、三大感染症であるAIDS、結核、マラリアはもちろんのこと、世界保健機関(WHO)が指定す「顧みられない熱帯病:NTDs」にも力を入れてきています。
 
 本シンポジウムでは、感染症研究に根ざす日本とアフリカの科学技術イノベーション協力推進に向けた次のステップへと進むために、多様なステークホルダーを集めて議論します。

 

 このシンポジウムは、日本医療研究開発機構(AMED)が支援する「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム:ICREP-NTDs」が中心となって企画・開催するもので、TICAD7 公式プレイベントです。
 日本では、これまでにアフリカ諸国との緊密な連携を基に、三大感染症であるAIDS、結核、マラリアはもちろんのこと、世界保健機関(WHO)が指定す「顧みられない熱帯病:NTDs」にも力を入れてきています。 
 本シンポジウムでは、感染症研究に根ざす日本とアフリカの科学技術イノベーション協力推進に向けた次のステップへと進むために、多様なステークホルダーを集めて議論します。

概要

ABOUT
開催⽇時:2019 年7 ⽉30 ⽇(火)10:30~16:00 (10:00 受付開始)
     ※時間は変更になる場合があります。
 
開催場所:⽇本科学未来館 7階 未来館ホール 東京都江東区⻘海2-3-6 
      (アクセス)
アクセス

 
参加費⽤:無料(日本科学未来館の常設展・企画展への入場は別途料金が必要です。
 
使⽤⾔語:⽇本語、英語(同時通訳あり)※本イベントは⽇本語で⾏います
 
主  催:帝京⼤学
 
共  催:長崎大学、北海道大学、東京慈恵会医科大学
 
後  援:文部科学省、在京アフリカ外交団(ADC)、国際協力機構(JICA)、
     アフリカ開発銀行アジア代表事務所、JAGntd、DNDi Japan、
     グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)、日本製薬工業協会
 
協  賛:日本医療研究開発機構(AMED)
開催⽇時:
2019 年7 ⽉30 ⽇(火)10:30~16:00
(10:00 受付開始)
※時間は変更になる場合があります。
開催場所:
⽇本科学未来館 7階 未来館ホール 
東京都江東区⻘海2-3-6 
(アクセス)
アクセス

参加費⽤:無料( 日本科学未来館の常設展・企画展への入場は別途料金が必要です。
使⽤⾔語:⽇本語、英語(同時通訳あり)
※本イベントは⽇本語で⾏います
主  催:帝京⼤学
共  催:長崎大学、北海道大学、東京慈恵会医科大学
後  援:文部科学省、在京アフリカ外交団(ADC)、国際協力機構(JICA)、アフリカ開発銀行アジア代表事務所、JAGntd、DNDi Japan、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)、日本製薬工業協会
協  賛:日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

PROGRAM

 第1部

10:30

開会挨拶:
鈴木 幸一(主催者代表 帝京大学医療技術学部教授)

10:35

挨拶:
末松 誠(AMED 理事長)

来賓挨拶:
菱山 豊(文部科学省 科学技術・学術政策局長)
H.E. Mr. Estifanos Afeworki(在京アフリカ外交団(ADC)団長、駐日エリトリア国大使)


来賓紹介


ビデオメッセージ:
Kingsley Bampoe Asiedu(世界保健機関 (WHO))

11:00

基調講演1 :
Abraham Kwabena Anang(ガーナ共和国 野口記念医学研究所所長
Juliette Mutheu-Asego(Head of Communications and PR; African Academy of Sciences)


追加発言:
Kizito Mabisi Lubano(Director of Scientific Programmes, Partnerships & Grant Management, Kenya Medical Research Institute (KEMRI))

11:45

関係者記念撮影 
ランチ

 

第2部 

12:45

アフリカにおけるAMEDプロジェクトの紹介
日本とアフリカ諸国で展開している感染症関連や、顧みられない熱帯病(NTDs)国際共同研究プログラムの最新の研究成果・社会実装についての紹介

〇イントロダクション
西垣 隆(AMED PO)

〇 ICREP-NTDs(アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム。各プロジェクトの代表者とアフリカ相手国より
金子 聡(長崎大学熱帯医学研究所教授)
鈴木 定彦(北海道大学人獣共通感染症研究センター教授)
嘉糠 洋陸(東京慈恵会医科大学衛生動物学研究センター教授) 
鈴木 幸一(帝京大学医療技術学部教授)

〇SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)
森田 公一(長崎大学熱帯医学研究所所長)

〇J-GRID(感染症研究国際展開戦略プログラム)
岩永 史郎(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授)

〇修了プロジェクト
堀井 俊宏(大阪大学微生物病研究所教授)

14:15 

休憩・ポスターセッション

15:00

基調講演2 :
岸 輝雄(外務大臣科学技術顧問)

15:20

パネルディスカッション
感染症研究に根ざす日本・アフリカ科学技術イノベーション協力推進に向けて 

コーディネーター:
遠藤 弘良(聖路加国際大学公衆衛生研究科長)

パネリスト:       
鈴木 幸一(帝京大学医療技術学部教授)
Victor Mukonka(Director, Zambia National Public Health Institute)
Juliette Mutheu-Asego(Head of Communications and PR, African Academy of Sciences)
遠藤 衛(アフリカ開発銀行アジア代表事務所次席)
大浦 佳世理(グローバルヘルス振興基金 CEO兼専務理事)
渡邊 治雄(AMED PS, 国際医療福祉大学大学院教授)

16:05

TICAD7告知、閉会の挨拶
金子 万里子(外務省アフリカ部アフリカ第二課長)

16:15

閉会

16:20

日本科学未来館見学

 

第3部 (招待者、関係者のみ)

18:00-

ネットワーキングイベント 


第1部


10:30

開会挨拶:
鈴木 幸一(主催者代表 帝京大学医療技術学部教授)

10:35

挨拶:
末松 誠(AMED 理事長)
来賓挨拶:
菱山 豊(文部科学省 科学技術・学術政策局長)
H.E. Mr. Estifanos Afeworki(在京アフリカ外交団(ADC)団長、エリトリア国大使)
来賓紹介
ビデオメッセージ:
Kingsley Bampoe Asiedu(世界保健機関 (WHO))

11:00

基調講演1 :
Abraham Kwabena Anang(Director, Noguchi Memorial Institute for Medical Research, Republic of Ghana)
Juliette Mutheu-Asego(Head of Communications and PR; African Academy of Science

追加発言:
Kizito Mabisi Lubano(Director of Scientific Programmes, Partnerships & Grant Management, Kenya Medical Research Institute (KEMRI))

11:45

関係者記念撮影 
ランチ


第2部 


12:45

アフリカにおけるAMEDプロジェクトの紹介
日本とアフリカ諸国で展開している感染症関連や、顧みられない熱帯病(NTDs)国際共同研究プログラムの最新の研究成果・社会実装についての紹介
〇イントロダクション
西垣 隆(AMED PO)
〇 ICREP-NTDs(アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム。各プロジェクトの代表者とアフリカ相手国より)
金子 聡(長崎大学熱帯医学研究所教授)
鈴木 定彦(北海道大学人獣共通感染症研究センター教授)
嘉糠 洋陸(東京慈恵会医科大学衛生動物学研究センター教授) 
鈴木 幸一(帝京大学医療技術学部教授)
〇SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)
森田 公一(長崎大学熱帯医学研究所所長)
〇J-GRID(in Africa)
岩永 史郎(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授)
〇Graduated Projects
堀井 俊宏(大阪大学微生物病研究所教授)

14:15 

休憩・ポスターセッション

15:00

基調講演2 :
岸 輝雄(外務大臣科学技術顧問)

15:20

パネルディスカッション
感染症研究に根ざす日本・アフリカ科学技術イノベーション協力推進に向けて 
コーディネーター:
遠藤 弘良(聖路加国際大学公衆衛生研究科長)
パネリスト:       
鈴木 幸一(帝京大学医療技術学部教授)
Victor Mukonka (Director, Zambia National Public Health Institute)
Juliette Mutheu-Asego(Head of Communications and PR, African Academy of Sciences)
遠藤 衛(アフリカ開発銀行アジア代表事務所次席)
大浦 佳世理(グローバルヘルス振興基金 CEO兼専務理事) 
渡邊 治雄(AMED PS、国際医療福祉大学大学院教授)

16:05

TICAD7告知、閉会の挨拶
金子 万里子(外務省アフリカ部アフリカ第二課長)

16:15

閉会

16:20

日本科学未来館見学


第3部 (招待者、関係者のみ)


18:00-

ネットワーキングイベント 

アクセス

ACCESS

日本科学未来館
東京都江東区青海2丁目3番地6号 
TEL:03-3570-9151
 

新交通ゆりかもめ(新橋駅〜豊洲駅)
・「東京国際クルーズターミナル」下車、徒歩約5分
・「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
 東京臨海高速鉄道りんかい線(新木場駅〜大崎駅)
・「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
 

お問い合わせ

INQUIRY

■シンポジウムに関するお問い合わせ先
   TICAD7公式プレイベント, ICREP-NTDs国際シンポジウム
   代表:帝京大学医療技術学部教授 鈴木 幸一
   運営事務局 株式会社コンベックス内
   Tel: 03-5425-1602
   Mail: ticad7pre-event@convex.co.jp

■シンポジウムに関するお問い合わせ先
TICAD7公式プレイベント, ICREP-NTDs国際シンポジウム
代表:帝京大学医療技術学部教授 鈴木 幸一
運営事務局 株式会社コンベックス内
Tel: 03-5425-1602
Mail: ticad7pre-event@convex.co.jp

帝京大学ロゴ
   
長崎大学マーク
  
北海道大学マーク
  
JIKEIマーク
  
AMEDマーク
帝京大学ロゴ
  
長崎大学マーク
 
北海道大学マーク
 
JIKEIマーク
 
AMEDマーク
ページトップへ
参加登録